小机クリニック

〒190-0165東京都あきる野市小中野160
Tel.042-596-3908

小机クリニック

MENU

ブログ

Blog

小机クリニックの取り扱いあるサプリメントについて その3

  • 2019年9月8日

サプリメント情報を書かせていただきます。
1)サルベストロール
・無農薬植物に多く含まれており、天然植物由来の抗癌物質(プロドラッグ)
・癌細胞特有の酵素(CYP1B1)により代謝され抗癌物質へ変化し、癌細胞を死滅されるように働く
・副作用の報告はなく補助治療として様々な治療と併用可能
・水に溶けやすく、熱にも強い
本来植物は、真菌(カビ)や細菌が付着すると、自らを守るためにサルベストロールを生成し、真菌(カビ)や細菌から身を守る働きをもっています。しかし、近年は農薬を使用しており、植物に菌が付着しなくなるためサルベストロールの生成は1/3~1/30まで減少しています。完全無農薬の野菜や果物を多量に摂取することが難しい現代において、サプリメントによる摂取が注目されています。
当クリニックで取り扱うサルベストロールは1瓶に90カプセルが含まれております。無農薬野菜が作るサルベストロールの量として、1カプセルに無農薬ニンジン400本分のサルベストロールが含まれています。この量を普段の食事で摂取することは中々難しいため、現在癌治療および癌再予防・癌予防に興味がある方にお勧めします。
またサルベストロール使用する際には生活指導が欠かせません。その理由はサルベストロールの効果を最大限にするために食事やサプリメントの飲み合わせによる十分な効果が得られないことがあるためです。
サルベストロールの効果に関する文献は下記にしめします。
2007年より肺癌・乳がん・前立腺癌・肝臓がん・大腸がん・膀胱がん・脳腫瘍・ホジキン病など効果が報告されています。
Nutrition and Cancer: Salvastrol Case Studies; Schaefer et al. Journal of  Orthomolecular Medicine, 2007.12
Nutrition and Cancer: Further Case Studies Involving Salvestrol; Schaefer et al. Journal of  Orthomolecular Medicine, 2010.11
Cancer and Related Case Studies Involving Salvestrol and CYP1B1;Schaefer et al. Journal of  Orthomolecular Medicine, 2012.9
Dr. Michael Schachter
Schachter Center for Complementary Medicine New York, USA

またサルベストロールの効果はペットにも報告があります。一例として犬の死因第1は癌、2位な僧帽弁閉鎖不全症です。犬の癌に対してもサルベストロールの効果が報告されています。